パーキンソン病の理解とPDダンス

ダンスは運動機能、認知機能、精神症状に包括的に働きかけることができます。
全身の筋肉や関節を動かし、イメージした動きを計画し、
音や合図(Cue)などの外的な刺激を手掛かりに注意を向け、
動きをコントロールし、次を予測して動きます。

このような過程を繰り返し実施することが
パーキンソン病(PD)のリハビリテーションには有効です。

PDの理解と合わせてダンスの治療構造を学び、
明日からのPDに対するリハビリに生かしましょう。

詳細はこちら

医療に関するさまざまなテーマを取り上げ、無料で開催しているオンラインセミナーです。誰もが自由に参加でき、共に学べる場にしていきたいと考えています。

三輪書店共催セミナー
三輪書店共催セミナー

本セミナーを共催しているリニエグループは、株式会社三輪書店と4つの企業によって構成されています。各社が連携し、地域リハビリテーションの実現を目指して活動しています。

linie(リニエ)グループ
linie(リニエ)グループ

私たちは「社会の公器」であることを目指し、「臨床力を向上させる学ぶ場」、「それを実践する多領域での臨床の場」を創造し、チャレンジし続けます。

linie(リニエ)求人情報
linie(リニエ)求人情報

パーキンソン病の理解とPDダンス

橋本 弘子 先生
(森ノ宮医療大学 教授 / 作業療法士)
2023年6月28日(水)19:00〜

お申し込みはこちらから
PAGE TOP